080-4397-5417

ブログ

2018/01/10(水)

【簡単】小指のセルフケアで腰痛改善!

カテゴリー:ストレッチ, セルフエクササイズ, 慢性腰痛, 腰痛

 

神戸市で唯一の慢性腰痛専門整体院悠水の河合です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

前回は『足』のセルフケアについてお伝えしました。

足の硬さが腰痛と関連してるなんて…と不思議に思っているかもしれませんが、

足は自身の体重全部を受ける部位にもなるし、バランスをとるための感覚がたくさん集まっています。

今日も『足』のセルフケアについてですが、

なんで足のココに着目するのかも踏まえてお伝えします。

————————-

なぜ腰痛のセルフケアに足をみるのか?

足の機能は体重を支えたり、歩行での前方推進力(足の蹴り出し)や重心制御などがあります。

僕たちは何か動作をするということは重心を移動させて行動しています。

歩行で見ると、重心は左右や前後、上下に移動していますが、

左右への重心移動は筋肉の負担がかかります。

特にお尻からふくらはぎにかけての外側の筋肉ですね。

左右ということは重心が外側に逃げるのですが、

その重心移動が大きいと『それ以上外側に逃げないでー!』って外側の筋肉が頑張って止めてしまいます。

そこで頑張ってしまう筋肉が足部の筋肉です。

腰痛の方はとにかく身体が硬いですが、特に外側のお尻からふくらはぎの筋肉が硬いです。

つまり、外側の筋肉が硬い(身体が硬い)あなたは重心が左右へ移動しやすく、

その硬い部分が腰痛の原因に成っている可能性大ということです。

足のセルフケアはココを見て!

足は全体重を受けて一番負担がかかる部位ですが、

左右への重心移動大きいとさらに負担がかかります。

そうなると、足の筋肉は硬くなるなーって想像できますよね。

まさにその通りで、特に硬くなりやすいのが小指の筋肉です。

ここが重心が外に逃げないように踏ん張って硬くなりやすい部位になります。

小指をセルフケアする上でのポイント

小指のセルフケアをするポイントは2つあります。

①中指と小指を離すようにセルフケア

②小指から踵に向かってセルフケア

この2つですが、どのようにセルフケアするのか、

その詳しい方法はコチラです。

↓↓↓↓↓

————————-

私は、一人でも多くの人に健康を届けたいと思っており、
そのために、私はブログを書き続けていきたいと思います。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

腰痛や体質改善についてもっと知りたい方はLINE@に登録をお願いします!
↓↓↓↓↓
友だち追加

LINE:@iyl9061p

 

 

 

1月20日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

診察予約は今すぐお電話で

080-4397-5417

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。