080-4397-5417

ブログ

2017/12/17(日)

【産後腰痛】原因は骨盤が開くことだけじゃない?神戸 垂水 腰痛 慢性腰痛 

カテゴリー:慢性腰痛, 未分類, 産前産後腰痛, 腰痛

 

整体院悠水の河合です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は慢性腰痛の中でも、【産後腰痛】についてお話しします。

なぜ産後腰痛なのかと言いますと、友人の1人が産後に腰痛と股関節痛が出てきたみたいで、

それをこの前相談されたからなんです。

それで思い返すと、産後腰痛で来られている30代の方が結構多かったなと。

なので、産後腰痛に少しお話しますね。

————————-

【産後腰痛】原因は骨盤が開くことだけじゃない?

 

・産後腰痛の原因は骨盤ゆがみじゃないの?

 

・骨盤の歪みだけじゃない!ここが産後腰痛の原因はココ

 

・産後腰痛はなんでなるの?

・まとめ

————————-

【産後腰痛】原因は骨盤が開くことだけじゃない?

 

・産後腰痛の原因は骨盤ゆがみじゃないの?

産後腰痛の原因は様々ありますが、その中でも骨盤の歪みを原因に挙げる方も多いのではないかと思います。

もちろん胎児が通る大きさに骨盤が開くわけなんで、骨盤は開いてしまいます。

妊婦さんが少しガニ股になっているのは、骨盤が開いて股関節が外向きになっているからですよね。

なので、出産するとすぐには骨盤は閉じないので、そこから骨盤の歪みが生じ産後腰痛となるケースもあります。

ちなみに骨盤が元に戻るまで2~3か月かかるとも言われています。

しかし、骨盤のゆがみだけが腰痛の原因ではないのです。

骨盤がゆがんだことによってココに負担がかかるのです。

 

・骨盤の歪みだけじゃない!ここが産後腰痛の原因はココ

産後腰痛は骨盤の歪みが大きな原因と思っておられる方も多いと思います。

ですが、骨盤がゆがんだことである部分に負担がかかるんですよね。

それは、筋肉です。

ざっくりとしてますが、筋肉に負担がかかって産後腰痛が出ているケースもあります。

慢性腰痛と似てますよね。

慢性腰痛も徐々に筋肉に負担がかかって、腰痛が生じています。

ではなぜ、骨盤が歪むことで筋肉に負担がかかるのか?

 

・産後腰痛はなんでなるの?

骨盤の歪み、つまり胎児が大きくなるにつれて骨盤が開きます。

そうすると、骨盤がめちゃくちゃ開かないように骨盤周囲の筋肉が止めちゃうんですよね。

これ以上骨盤開かないでー!って感じで。

筋肉は伸ばされると縮む性質があります。

縮むということは収縮(力を入れている)状態なので、

骨盤の歪みによって伸ばされた筋肉が収縮し硬くなってしまうことが腰痛の原因でもありますが、

これだけじゃありません。

続きの詳細はこちらの動画で解説!
↓↓↓↓↓

・まとめ

産後腰痛は骨盤の歪みが原因だけではありません。

いろいろなことが考えられるのですが、その1つが筋肉の硬さです。

筋肉って硬くなると痛みが出てしまうんですよね。

では、なんで硬くなるのか?

続きの詳細はこちらの動画で解説!
↓↓↓↓↓

————————-

私は、一人でも多くの人に健康を届けたいと思っており、
そのために、私はブログを書き続けていきたいと思います。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

腰痛や体質改善についてもっと知りたい方はLINE@に登録をお願いします!
↓↓↓↓↓
友だち追加

LINE:@iyl9061p

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-4397-5417

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。