080-4397-5417

ブログ

2017/12/12(火)

【悪玉菌】あなたの腰痛の原因はコイツ?

カテゴリー:体質改善, 慢性腰痛, 未分類, 腰痛, 腸内環境

 

整体院悠水の河合です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

前回は腸内環境の善玉菌・悪玉菌が健康に大きく関わるとお話ししました。

今日は腰痛とフカーーーイ関係のある悪玉菌についてお話しします。

悪玉菌は増えるとどうなるのか、どうやって増えるのかをお伝えします。

————————-

【悪玉菌】あなたの腰痛の原因はコイツ?

 

・悪玉菌について

 

・悪玉菌はなんで増える?

 

・悪玉菌と腰痛の関係

・まとめ

————————-

【悪玉菌】あなたの腰痛の原因はコイツ?

 

・悪玉菌について

腸内環境には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌があり、

比率は、2:1:7となってます。

でも、全体の1割しかない悪玉菌ですが、

コイツが増えてしまうと怪我治りにくかったり、

病気の予防ができなかったりとが不健康に導かれてしまうんです。

 

・悪玉菌はなんで増える?

それは食事です。

悪玉菌は動物性たんぱく質や添加物などに摂取することによって増加します。

動物性たんぱく質とは、鶏肉・豚肉・牛肉などですね。

添加物はよく耳にすると思いますが、良いイメージはないですよね。

その通りで人工的に作られたものなので身体にはよくないんです。

そのよくないものを取り続けることで悪玉菌が増加し、

腸内に活性酸素というものが発生します。

これは人の細胞を破壊するもので、増え続けるとガンの発生に起因します。

ではその動物性たんぱく質や添加物によって増えた、

悪玉菌があなたの腰痛にどんな影響があるのか。

 

・悪玉菌と腰痛の関係

腸内に悪玉菌が増加すると活性酸素など悪性物質が発生し、

その物質が腸から血管に流れてしまいます。

例えば、高熱出た時って座薬しますよね。

あれは、腸に座薬を入れと速攻で解熱するからで、

腸から血管へ浸透しやすいことがわかります。

つまり、悪性物質も血管に浸透しやすく、

それが血流にのって全身へ流れます。

血流って酸素や栄養を運んでいますが、そこに悪性物質も流れると、

身体を修復して元気になりたいのに、改善できる腰痛もなかなか良くならないですよね。

腰痛だけではありません。

活性酸素は発がん性物質でもあるので、何年後にはガンのリスクも大きくなってきます。

続きはこちらの動画で解説!
↓↓↓↓↓

悪玉菌と腰痛の関係の続きはこちら

・まとめ

悪玉菌は日々の食事が影響しています。

現代は動物性たんぱく質や添加物が蔓延しており、

不健康まっしぐら大国となっています。

その産物が腰痛でありガンです。

あなたはそのままの生活でいいのでしょうか?

その詳細はこちらの動画で解説!
↓↓↓↓↓

悪玉菌と腰痛の関係の続きはこちら

————————-

私は、一人でも多くの人に健康を届けたいと思っており、
そのために、私はブログを書き続けていきたいと思います。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

腰痛や体質改善についてもっと知りたい方はLINE@に登録をお願いします!
↓↓↓↓↓
友だち追加

LINE:@iyl9061p

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-4397-5417

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。